avril 2008アーカイブ

自己宣伝

| コメント(0) |

1年間でどのように就職活動をするのか?という授業。

この学校の卒業後が初めての社会人という人が多いので,第一印象でいろいろなことが決まってしまう→いかに自己アピールをするかが大切,ということで,班ごとにアピールを考えて代表者が発表することに。

なんか私がやることになり,イッパツぶっておいたんだが,こういう短時間での自己宣伝術・別名ハッタリは,10年間もサラリーマンをやっていれば自然身についてくるものだと思う(2-3年に1回は人事異動で自己紹介するし,新しい客先に出向いて話すことも多い)。

さておき,30代の就職活動はどうなることやら。


帰りに自由が丘のCuocaでトング,スパチュール,カード,バットを購入。

たべくらべ

| コメント(0) |

はじめての1日ぶっ通し実習&調理。

トマトソースのスパゲティをつくって自分で喰ってみる。他のメンバのも喰わせてもらう。まったく同じ材料と設備を使っているのにソースや麺の状態がまったく違ってくる。その理由を,調理手順を振り返って考えると納得がいくことばかり。例えば,ソースがちょっとだけ煮詰まりすぎていたのは,フライパンでの振りの回数を多くしてしまったせいで,水分が飛んでしまったことが原因。

パスタ類は普段も茹で慣れているので,茹で加減はそこそこ(ほんの少しだけやわらかめ)に仕上がったように思う。


メインは野菜の切り方。わたしの「1cm」感覚は「1.4cm」であることがわかった。


「虎の穴」のごとく風景の中,包丁研ぎを黙々と。いやーくたびれた。

サーヴィスとは

| コメント(0) |

あまり回数はないというサーヴィスの講習。

どの授業も密度が濃いのだが,とりわけこれは濃いん毛過ぎで,先生の話すことほとんどがメモすべき事柄だった。「料理」が食べ物や餌と異なるのは,作る人がいて食べる人がいるという関係性,つまり「コミュニケーション」の点にあり,そこには「サーヴィス」が発生する…というように思う。

自分が作ったもので人が喜ぶのが嬉しい,という単純なことが「コミュニケーション」を標榜する会社での前職では(自分にとって)見えなくなっていた。なんてことを思い出した。


4/21分の復習でsauce mayonnaise。
113:2008-04-22:mayonnaise
アボカドにつけて食す。

| コメント(0) |

家でも包丁で切る練習をしていたのだが,ちょっと誤った形になってしまっていたようだ。それもけっこうな時間を費やしていたからタチが悪い。

『形だけ真似ようとして本質がわかっていないということ』

と先生。


少々凹みます…が,間違えられるうちに間違えて正しく覚えたいところ。

1週間終わる

| コメント(0) |

1週を終えてとんでもなく密度が濃かったと感じる。
授業もそうなんだが,クラスメイトと会ってまだ10日間しか経っていない気がしない。


週末にトマトソースとスパゲティを復習。

111:2008-04-20:salsa

同居人には好評。

4/17は切り方

| コメント(0) |

包丁の使い方はなかなか大変。
ヘタに自己流家庭料理をやっているとクセや影響が邪魔をする。

108:2008-04-17:flour

正しい方法を覚えてあとは練習するしかない。

目から鱗な毎日

| コメント(3) |

明日の研ぎ&切り練習のための講義。

自炊でほぼ毎日包丁を握っているが,動かし方なんて考えたこともなかった。今日学んだ「切り方」には衝撃を受けた。日本の朝食といえばのまな板「トントントン」ではないのは当然として,その合目的性である。細かい点ひとつひとつに意味や理由があるのだ。

まだ授業が始まり3日目だが,家庭料理とプロの料理との間にある大きな違いに,毎日価値観が揺らいでいる。このような発見を自分なりに考えて疑問に思い,そして答えを得ることを大切にしたい。


今日の復習はsauce vinaigrette

107:2008-04-16:sauce

墨を摺るような心地

| コメント(0) |

本日これ包丁研ぎ。

姿勢一つからして,適当に研いでいたうちの包丁とは話が違う。左利き故に手本と鏡像になることも話をややこしくする。1日にして成るものではないので練習が必要だが,それでもなんとなくコツがわかってくると,集中できることが心地好くなってくる。


初回から教科書にはない「健康便」の話が結構な時間を割いた栄養学,今後が楽しみである。

4/14講習の復習

| コメント(0) |

2ヶ月近く何も書いていないが,無事に頭を丸めて090:2008-03-30:jarhead入学して通い始めている。時系列に書こうとするあまり,過去のものがたまって何も書けずにいたので気にせず書く。過去分は追々。

先週の入学式・ガイダンスを終えて,今週から授業の開始。初日は実習室の道具や機械を確認することと,先生のフランス料理調理実演をみて学ぶという授業。実際に作る機会があるかはわからないので,自分で作ってみるのがいちばんの復習になるだろうとやってみた。

contre-filet de bœuf, sauce à la moutarde

・本来ヒレ肉だったがあまりに高く(松坂牛で3000円/100gしか売ってなかった),オージーのサーロインで代用
・要はソースの作り方を覚えておきたかったので,肉は安くてもよかった
・今回買った既製品のフォン・ド・ヴォーはゼラチン成分が少ないのかソースにとろみがつかず
・盛りつけは非常に難しい(実に野暮ったくなった)

このアーカイブについて

このページには、avril 2008に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはfévrier 2008です。

次のアーカイブはmai 2008です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ