mai 2010アーカイブ

UGC Ciné Cité で映画『KICK-ASS』を観る。学割がある…学生証を忘れ?3の損。

Parc de la Tête d'Or

Map your trip with EveryTrail

近くにあるインターポール本部をちょっと眺めて,Parc de la Tête d'Orに。井の頭公園+代々木公園+日比谷公園といった具合でとても気持ちがいい。もっと早くに遊びに来ておくべきだった。動物園がシームレスにつながっている。

segway

園内にある警察の事務所にSegway。

ライオンであることを忘れて猫になっているようなライオンを眺めていたら同級生から電話。田舎で寂しくて大変だって。わたくしはもう毎日が楽しくて楽しくて,日本に帰りたくなくて仕方がない…のは気の持ちようなのか研修先に恵まれたのか。

magnum, as good as gold

本編前に流れたCM(ベニチオ・デル・トロ主演,ブライアン・シンガー監督)の影響で同じアイスを食べる。旨い。

2010-05-24 restes

| コメント(0) | トラックバック(0) |

腐るほど寝た。

食いしん坊であることがばれているのもあるが,日曜日の夜時点でまかないに繰り越せないものをいただくことが増えてきた。サービスのみなさんはチーズの残りをくれたし。

spaghetti

そんな食材,tellineという貝とencornet(イカ)を使ってペスカトーレ風のスパゲティ。

2010-05-23 NITSUKE

| コメント(0) | トラックバック(0) |

仕込みが早く終わって,残っていたlieu(タラの仲間)のカマと頬の肉をまかない用に好きにしていいとのこと。せっかくだから日本料理にしておくか,と煮付けに。なかなか好評。

lieu

すぐに写真を撮るのを忘れて,ほじくったあとで失礼。


ここのスペシャリテにBoulangère de Saint Pierre(Saint Pierreはマトウダイ)という料理がある。フランス校の実習でも取り入れられていて,ちょうど担当して大変な思いをした。最近は"Boulangère"の部分(ブイヨンに浸したじゃがいものグラタン様のもの)をやらせてもらっている。円柱状にしたじゃがいもをスライスして,花模様のように並べてそれを二層重ねる間にthym(タイム)を散らす。今の季節,thymは花盛りのようで,とても綺麗。

fleur de thym

romarin(ローズマリー)もだけど,そういえばハーブ類の花は初めて見るものが多い。

2010-05-22 ballon

| コメント(0) | トラックバック(0) |

ballon

朝の出勤途中,窓から気球が見えた。Le Petit Prince(星の王子さま)の絵柄。寮からMionnayに向かう道は農業国フランス!と畑が続くので気球も飛ばせるんだろう。

laitue(レタス)とail(ニンニク)を裏漉し大会。

新ニンニクは日を追うごとに成長したものが入荷され,香りもだんだんきつくなっている。季節が進んでいくのが目に見えて分かる。

2010-05-21 vidéo

| コメント(0) | トラックバック(0) |

ここのURLをレストランの皆さんに教えたら「langoustineは前に撮った動画の方がいいよ」と言われたので貼りますよ。

朝,lieuをさばく。鯵はさんざん練習したが,なかなか触る機会のなかった大きい魚にも慣れてきた。ありがたい話です。grenouilleのgarniture,artichaut poivradeの調理も本日初めてやらせてもらう。ありがたい話です。

昼のpommes rissoléesを用意していると,今日はanniversaireだと言われる。誰?と尋ねたらchefの誕生日だった。従業員一同あつまってchampagneで乾杯,昼のpersonnelでは特別にœuf à la naige。Paul Bocuseのスペシャリテで,わたくしは結構好きなんだけど,要は卵の白身なので,同級生でもこれといって人気がなかった。これがBocuseで食べたものよりずっと美味しくて,幸せな気分に。

œuf à la naige

同級生と秋コースでよかったね,という話をする。それは,忙しくて外出もままならない学校生活と暗く寒い季節,研修に出てからの解放感と春〜夏という季節が,とても合致しているから。chefの誕生日はたまたまでしかないが,こうして立ち会え,やっぱり秋コースでよかったと思った。

たっぷり食べたら昼休憩いっぱい昼寝。


最近よく「色」を見て心動かされる。

fleur de romarin

lieuの上に飾るローズマリーの花,紫色と微妙な模様。盛り付けていてまたもウットリ。lieuは皮目に塗るvin rougeのréduction(赤ワインを煮詰めたもの)の深い赤,sauceはlaitue(レタス)で淡い緑色,この対照が素晴らしい。

langoustine

langoustineの赤・橙。こいつらは名付けたり話したりする間もなくカチコチに凍結。

bon temps

空を見上げると新緑。


日ごと日が長くなっている。仕事終わりに帰る頃に宵の明星が輝いている。帰ってきたら金星探査機あかつきの打ち上げ成功ニュース。星がよく見えるのも嬉しくて,惑星を毎日追いかけるのが楽しい。研修に来てから火星を連夜眺めていたら,双子座の2つ星が好きになってきた。

二枚貝のtellines,入荷したら割れてるのやら何やらをチェックする。巻き貝がいくつか入っていて,ひとつに宿を借りているヤツが。ひさしぶりに見た。

bernard-l'ermite

ヤドカリ,bernard-l'ermiteというそうな。


jus d'orange(オレンジジュース)を絞ったあとの果肉を食べるのが好きで,絞る食べる。


grenouille大人気の日。


après-midi

テラスで過ごせるくらいには気温が上がってきた。caféと洒落た音楽の午後。銀座を思い出す。

また映画に行きそびれる。仕方ないので村のパン屋で菓子を買って,寮の敷地を散歩。

fleur

前から親鳥が出入りしているのが気になっていた半地下室をのぞいてみた。雛が!

oiseaux

BBQ残り物を使ってラタトゥイユ風にパスタ。いまだにパスタをpâteというのに慣れない。

pâte

2010-05-17 BBQ

| コメント(0) | トラックバック(0) |

奮起の早起き,スーパーへ。「BBQはガチ」を合言葉に,心配になるくらいの量の肉を買い込み,野菜はとても少ない。

もう1人と途中バス停で待ち合わせ。寮の台所で生姜カレーの作り方教室開講。あと2人は電話誘導で辿り着いてもらう。しかし凄い,牛肉2kg,豚肉500g,丸鶏2羽,子羊肉500gほどを6人でほぼ完食。パティシエがいるだけあり,クレープも焼く。confitureと一緒に食べたり。

まだまだ寒いのが困りもので,人間も冷えるが食べ物もすぐ冷える。もう少し暖かくなったら,こんどは海産物メインなBBQをしたい。

poulet rôti, bbq

レストランで針と糸を借りておいて,きちんと縛ってから焼いた。さすがに炭焼きでは火が通らなくて,オーブンで仕上げ。オーブンがきちんと使えることがわかった。寮料理の幅が広がるなー

朝,BBQ大会のため前日から泊まりに来るお嬢さんたちに夕食を作っておく。単なるcroque-monsieurだけど。こちらのスーパー等で売っている食パン,びっくりするくらいの賞味期限を誇っている。どうやったらこんなに長持ちするんだろう?


午前はpersonnelのcarottes vichyとpommes rissolées。ニンジンをひたすらたっぷり喰える嬉しい料理。適当に切ったニンジンを鍋に入れ,ひたひたの水・砂糖・塩・バターで煮るだけ。火が通ったくらいに煮汁が煮詰まってグラッセみたいになるのがちょうどいい(先に火が通ってしまったら,煮汁だけ煮詰めてからからめるといい)。仕上げにレモン汁とパセリのみじん切りを混ぜる。

野菜が大好きだからこういうのはすごく嬉しい。まあ何でも好きで何でも嬉しいんだが。

confiture d'abricot

chefがconfitureを仕込んでいた。abricot(あんず)の色がとても綺麗で,その上砂糖がテカテカして旨そうで仕方ない。

confiture d'abricot

瓶詰めをレストランで売っているので購入。confitureと聞いて想像するよりも生の果実側に近い味で,すごくフレッシュな感じ。これは旨い。


午後の休憩時間,お嬢さんたちを迎える。寮は?8払って泊めることが可能。


夜中までお嬢さんたち・同僚といろいろ話す。学費・フランスに居残る手段などなど…

2010-05-15 homard

| コメント(0) | トラックバック(0) |

どうも天気がすっきりしない。ずっと。


encornet(イカ)の入荷。さばきながら水管を避けておいたら,「あ,それも食べられるんだ」みたいな具合で,sub-chefが昼サービスの合間に炭火焼きしてみんなに食べさせていた。さすがに塩辛にするまでは新鮮ではないけれど,新しくて美味しい。フランスの魚介類,良いものは良い。

"tenaient à cœur à Alain Chapel"(「アラン・シャペルの魂を受け継ぐ」みたいな意味かな?)と題された皿に「オマールのサラダ」がある。48時間前までに予約が必要で,予約が入るとエビの親分がやってくるんで,ちょっと名前をつけたり話しかけたりしてるんだが,すっかり赤く無口になっていた。

homard breton

この料理,ほんと美味しそうで食べたくて仕方ない。


「couleur(色)」の発音がうまくいかず,色が変だということを伝えられず困った。

昼はTCL 70のバスで,Caluire Chemin Petitというバス停にある巨大スーパーAuchanへ。月曜日のBBQに備えて炭だけは調達しておかないと,と買ったはいいもののザックがとんでもない大きさになった。セゾンカードで会計したらパスポートを見せてといわれ,持ってきてなく後続の人たちに迷惑をかけまくる。が,なんかフランスって,行列を苦にしない印象がある。パリのメトロ切符売り場然り,リヨンのカルフールのレジ然り。

大荷物を背負っての帰り道,色んな野の花が絶えない丘には,かわいい形が咲いていた。

fleur


soir,langoustine(アカザエビ)が多く出た。背中にestragon(タラゴン)の千切りを載せるdresser(盛り付け)がすごく好きだ。自分でestragonを切って,自分で載せてるのに,なんて綺麗なんだろうとため息が出る思いだ,いつも。火が入ったlangoustineのオレンジ色に,estragonの若葉の淡い黄緑色が細く散らばるのが素晴らしい。


我慢できずに買ってきたBialettiのエスプレッソメーカーをさっそく使った。潤う生活。

moka express

午前中はまな板を埋め尽くすéchaloteをciseler。


maquereauのdésarêter(骨抜き)。ついに倉田義之さん作の骨抜きの出番。凄すぎた。もちろん鯖にも個体差があるから骨が途中で切れることもある。しかし,確実に骨をつかめばするっと骨を抜くことが出来て,今まで苦労していた作業がバカらしくなった。

本当に道具は大切。これは一生もの。


今まで入荷の都合でbar(スズキ)の料理になっていた春メニュー,本来のSt-Pierre(マトウダイ)になった。こっちもとても美味しそう。

新しいstagiaire(研修生)君[20 男子]の初仕事。2カ月しか違わないけれど,自分が来たばかりの頃を思い出す。


春!春!春!という感じの食材が日々入ってきて,とても楽しい。自分の食材愛と三度の飯より食べることが好きなことをうまく伝えるフランス語を話したい。

asperges des bois

asperges des bois(野生のアスパラガス)という野菜。

変な天気はまだ続き,晴れてたと思うと雨が降り雷が鳴ってまた晴れる…そんな調子だから映画に行くのはやめておいた。

pluie

歩いてしばらくのところにあるIntermarchéに買い出し。毎週の必需品,朝食・おやつ用biscotteとビタミン補給のoranges,そして少し贅沢な夕飯をと,asperges blanches(白アスパラ),mâche,ソーセージを買う。

saucisses, asperges blanches

mâche

…といってもしめて?3,62の材料費ですが。mâcheは,学校でもらった賞(油賞:みんなの潤滑油となった人へ)の景品である酢・油セットでvinagrette(ドレッシング)をつくって食べた。この景品,いただいたのは嬉しいのだけど,マンゴー酢・フランボワーズ酢・菜種油・ピスタチオ油・ヘーゼルナッツ油ととても使い勝手の悪いセットで,使い道に悩んでいたのです。


新しい研修生が寮に来ていた。明日からは3人出勤。


coq

寮敷地にいるニワトリ。雄もいて数も減ってないから肉用ではなく有精卵採取用なのかな?

2010-05-10 lâche

| コメント(0) | トラックバック(0) |

Tête d'Or に行こうと同級生ズに会うが夕立のような天気に断念。カフェでしばらく過ごして帰宅。

同級生ズに会った途端,なんか小さくなりましたね,とか,ズボンがゆるいのが目に見えてわかります,とか言われた。もう普段着は経費削減のためこれで過ごすしかない,と思っているが,スーツとかゆるゆるになったのを帰国後どうしたものか…

bierre, café

昼ビール,気分好し。

2010-05-09 6 élèves

| コメント(0) | トラックバック(0) |

Château Escoffierの学生6名さま来店の日。

昨日と同じく案内とか喋ったりとか。まわりの人たちには休憩時間に残って物好きだなーみたいな雰囲気で見られてる様子。けれど自分が同じ立場だったら,半年先にフランスに来ている人に色々聞いてみたいと思うし,cuisineを案内してもらえたら嬉しいのでやっているのでございます。

Châteauのみなさま,もしも何かあれば,ここのコメントかメール(ohsamu アットマーク hohbukuro.info)いただければ答えます。

こうして余った休憩時間はChâteauのシェフから届いたカードへの返事を書いていた。

Château Escoffierの学生10名さま来店の日。

普段の仕事時間は9:00から大体15:00,一度寮に帰って休憩,18:00から大体23:00までという具合。学生さまにcuisineを案内したりしようと,寮には帰らず食事が終わるのを待つ。sub-chefが「会いに行こう,通訳して」と言い,彼らがcaféをとっているサロンへ行く。お二人が社会人経験者な方だった。ちょこちょことstage(研修)の様子や,学校にいた頃よりも楽しくて仕方ないといった話をする。

タクシーを見送ったあとはMionnayの広場で休憩。近所のパン屋でflanをひとつ買って。子供たちのバスケットボール大会が開かれていた。それを横目にmaquereauの料理で使っている白板昆布の甘酢漬けのrecetteを書く。

flan

金曜日は昼の営業なし。カレーの残りを食べる。

sub-chefから前にタコの処理方法を聞かれていたので,簡単にrecetteをまとめる。大根おろしで洗うだ何だと。ついでにイチゴ事件の反省文を書いておいた。

夕方一番の仕事にortie(イラクサ)の処理。まずblanchir(さっと茹でること)するが,素手で触ったせいでチクチク→痺れに変わってきて大変な思いをする。やつらを見くびってはいけない。

telline

春メニューで使っているtellineという貝(ブルターニュ地方で食べられる二枚貝とのこと),火通しを初めてやらせてもらった。cuisine(厨房)は4人だけになってちょっと忙しくなったけれど,出来る仕事が増えて,密度が上がったのは心地好い。

2010-05-06 adieu

| コメント(0) | トラックバック(0) |

viandeの仕事。午前の大半は茹でたpetits pois(グリーンピース)の皮むき大会。

同級生の話を聞いていても,フランスのレストランで日本製の道具が使われていることが多い。ここでも同じく,豚カツ屋さんでキャベツをスライスする道具が大活躍。それを使ってartichaut poivrade(小さいアーティチョーク)をチップにするために薄切り祭。

夜はherbes(ハーブ)むしりまくり,と大量処理が続いた1日。

service終了後はこの日最後のフランス人同僚君がchampagneをふるまってくれる。フランスでは旅立つ人がchampagneを用意して皆に飲ませるのが習慣なのだそうだ。自分の時もやらないと。例の骨抜きが話題になり,およそ?100したと話すと相当驚かれた。でも一生モノだし,ずっと職人さんに修理してもらえると言うと,chef「その職人さんは何歳なの?」と。そして,毛抜きと骨抜きだけを作っている職人がいることにも皆驚いていた。

pince à désarêter

フランス人同僚君の家へ。彼のcopine(彼女)とその弟と猫が待っていた。もうbise(頬チュー)で挨拶するのは完全に慣れました。彼のワインと持参したワインとで4/5ボトルくらい飲みながら話す。仏語理解度の低いわたくしにもわかりやすく話してくれてありがたい。日本はフランスパンが高いんだよ,とか言うと呆れてた。

すっかり夜も更けて帰宅。

魚の入荷。発泡スチロール箱からとりだして,冷蔵庫の引き出しに入れる作業が必要。が,先日,魚を一部返品することがあったから,安全を見てsub-chefが来るまで他の仕事をしていた。すると来るなり「箱から出すのは当然のことだから,とにかく早く早く(rapide)仕事をしなさいよ」的なことを言われ,週頭からどうも雲行きが怪しい具合に。

さて,発泡スチロール箱をゴミ置き場に持っていったところで,sub-chef「personnel(まかない)で使うじゃがいもを持ってきて」と。魚のヌメヌメを流し,箱を潰してゴミタンクに捨て,手が臭いからしっかり洗い,さて野菜冷蔵室へ。お,fraise(イチゴ)があるじゃないですか,なんと美しいイチゴ,フランスの春って素晴らしいなあ…と誘惑に抗えず,パックのフタを開けたところに,冷蔵室の扉が開きsub-chef様颯爽と御登場!

「じゃがいもを持ってくるのに10分かかっている(実際はまだ5分も経ってないけど)。イチゴを食べようとして,バカンスとでも思っているのか!?あー!?」

こういうときに限って,相手の言ってるフランス語を何故かよく理解出来るのに,自分が言いたいことを何も言えないのは何なのでしょうか?言いたいことも言えないこんな世の中だけど相手の言いたいことがこんなによくわかる世の中はポイズンでしょうか?

sub-chefに見せる直前に人生初のmayonnaise分離事件」といい,なんという間の悪さ。鮮やかなまでの滑稽さに,凹むのを通り過ぎて可笑しくなってきました。

イタリア人同僚君が旅立ったため,fraise事件直後からsub-chefと離れviandeでの仕事に。ますますsub-chefにどう謝ったものか…と気まずさが続く1日。この日,せっかく日本から届いたpince à désarêter(骨抜き)も使うことなく。

まあそこはそういう感情は引きずらないフランス,sub-chefさんが夕方撮ってくれた写真でございます。まかないや食材の写真を頻繁に撮ってるせいか「写真を撮りなよ」と言ってくれたり「カメラカメラ」とオレiPhoneを手に取り何か撮ってくれるようになっている最近。

foie blond de poularde

foie blond de poularde(肥育鶏のブロンド色の肝臓)。


夜の帰り際に,同僚フランス人が「Osamu, je vais partir demain.」と。「え?」と聞き返すと,翌日を最後に他のレストランに移るといい,寝耳に水。研修スタート日の翌朝から働き始め,ほぼ同じ期間をともにしていた彼,もう少し早く教えてくれてもいいのに…

2010-05-04

| コメント(0) |

同級生たちと朝Gare Part-Dieuに集合。St-Just St-Rambertにあるミシュラン★★,Le Neuvième Artに行ってきた。

St-Just St-Rambert

SNCFの電車で約50分でSaint-Étienne,そこからバスに乗って約50分,山を一つ越えたようなところに到着。ちょっとした旅行気分だ。

ミシュランガイドには"créativité"とか"contemporaine"とある,現代的で創造的な料理が特徴のお店。料理は詰まるところ「味」こそ重要なので,見た目の驚き以上に実際に食べた時の驚きが大きくないといけないと思う。

確かに美味しく,とても面白かったんだが,その手間暇の比重がもう少し「味」の側に傾いた方がいいなと思った。例えば,amuseとlangoustine(アカザエビ)で使われていたcroquette(コロッケ)。形を保持するためにか衣が厚めで,揚がってから少々時間が経過している(盛り付けに時間が必要なせいだと思う)から,スペインのバルで食べる揚げ物みたいな感じになってる。Gourmet de Sézeで食べた豚足コロッケはサクサクの熱々で美味しかったので,これは「味」が犠牲になってるなあと特に感じた。

dessertは目にも口にも素晴らしく感服。

この皿を出すには大変な思いをしてるだろうと,偲ばずにはいられない気持ちで食事をしたあとは,ここで働く2人の同級生に会う。実際に大変な仕事(え?紙やすり!?とか…)をしている姿を見て,目頭がちょっと熱くなったりする。いろいろなレストランに研修生として散らばった友人ズに学校にいた頃とは違う形で会えるのがとても嬉しい。


Saint-Étienne,駅前にCasino(フランスの小売りスーパーマーケットチェーン)の巨大ビルがあった。あとから調べると,Casino発祥の地で本社とのこと。バスの車窓から"Casino 100 ans à vos côtés (Casino,あなたのそばに100年間)"と大きな文字が施された建物が見えたが,1892年創業と確かに100年以上経っていた。

2010-05-03

| コメント(0) |

ノックの音で目が覚める。え?仕事だったのに寝過ごしたか!?と起き上がると,寮の管理をしているおばあちゃんだった。あとでまた来るからシーツ交換をしておいてね,と。驚き過ぎたせいか,シーツ交換してからまた寝てしまい気付くと16時。

lieu jaune

昨日もらった余り食材,lieu jauneのカマと頬肉をバターでソテー。ちょっと日数が経過していたのでニンニクで香りをつけて。旨い。なんで学校の魚はことごとく美味しくなかったんだろうか…

食べ終わったら夕飯に生姜・豚肉カレーを作り始める。

curry

今回はむいた生姜の皮を煮込み中に入れておいて,より一層生姜の香りが出るようにしてみた。横にのせているのはビスコット。薄切りのパンをカリカリに焼いたようなもので,これが100枚で?2もしない。乾燥した気候のおかげで開封してもなかなか湿気らず,蜂蜜をつければおやつ代わりにもなり,長粒米とともに常備して活躍中。

週末恒例の洗濯と丸刈りで1日終了。

2010-05-02

| コメント(0) |

ail nouveau(新ニンニク),grenouilleの料理でピューレにしたものを使っている。全力で春!ってかんじでとても美味しい。朝はまずこいつの仕込み。それからagneau(子羊)のgarniture(つけあわせ),tempuraを揚げる。

tempura

植物の博物画みたいに並べてみた。

昼のまかないはpoulet rôti(ローストチキン)とpomme rissolée(こんがり焼いたじゃがいも)。ブレス鶏とその脂でこんがりしたイモが旨いこと。胸肉がまず売れていく。フランスではもも肉よりも胸肉の方が高級に扱われていて,スーパーとかでも胸肉の方が高い(ももは骨つきな分グラム単価が安くなってるのもあるだろうけど)。

イタリア人の同僚君がモナコのレストランに移るので,昼が最後の仕事。昼休憩時間に寮を旅立っていった。何かとくだらない下ネタを言い合ったりしていたし,寮もこれで2人だけになり寂しい。引き継ぐ人はしばらく入らないらしい。

その影響で夜はviande(肉)のお仕事。pigeon(鳩)のgarnitureにblette(日本名をフダンソウという野菜)を使っているが,学校にいた頃はまったく美味しいと思わなかったblette,ここでは凄く美味しい。他の同級生とも話したことで,そういう食材・料理がけっこうある。学校の人も見てるかもしれないから,堂々と書くのもアレだが…

2010-05-01

| コメント(0) |

祝日は関係なく営業。

レストランでのポジションはpoisson(魚),来たての頃はpersonnel(まかない)の魚をおろしていたけれど,最近はお客さん用の魚も半分くらいはおろさせてもらえるようになってきた。本日はlieu jaune(ボラックというタラの仲間らしい,50cmくらいのなかなか大物。美味しい。)とmaquereau(鯖)との戦い。そしてgrenouille(カエル),鶏手羽元のチューリップ唐揚げみたいな具合に太股肉を処理する。数量と手数が多く,鮮度保持のため冷蔵室の中で作業するのが寒くてなかなか大変。

夜はあいにくの雨の中,フランス校の学生さま達4人が食べに来てくれた。先週,先生達が来てくれ,その評判を聞きつけて,らしい。テーブルまで軽く挨拶に行き,食後に厨房をちょっと案内。

…ということもあって,このlogも更新しないとなあ,と思った次第。名刺を渡して宣伝した手前。


最近撮った写真から

maquereau

春の小メニュー内の一品,鯖。塩・砂糖で〆た鯖を炭焼き,上には白板昆布の甘酢煮(ばってらの上に載ってるやつ),ハーブ類。千切りになっているハーブが「livèche」というもの。こいつが素晴らしく良い香りで惚れています。この料理については,鯖の処理・白板昆布・たまに盛り付けを担当中。

日本でのフェアから帰ってきたシェフに,白板昆布を取り出して,これを鯖の料理に使うから日本で使うように調理して,と言われた時は驚きました。一介の研修生がそんなの任されていいのかな?と。米酢のお遣いも頼まれて,リヨンの日本食材店"かづき"に出かけたりも。

poulet de Bresse

poulet de Bresse,ブレス鶏。こいつら,本当に綺麗な毛をしていて,本当に旨い。Bourg-en-Bresseまで見に行かないとダメだなーと思いつつ行けずにいる。personnelに使うらしく丸焼き用にbrider(糸で縛った)。まかないにブレス!?と思ったが,同僚君がモナコに移るのを祝してかな?と想像中。


最後に,春真っ盛りな寮の敷地から2枚。

printemps

printemps

BBQ

同僚ズが"Osamu, BBQ"というのでされるがまま参加。ソーセージしか無さそう,ここはと買い置きの豚肉(?3.90/1kgと驚異の安さ)を解凍&長粒米を茹で始めた。豚肉は前の研修生が置いていったTeriyakiソースをつけ焼き,米は焼きおにぎりに。どちらも好評。

onigiri, BBQ

さて,今の住み処について

たぶんレストランが借り上げているドミトリーで,洗面台だけついた1人部屋が8部屋,共同で台所・シャワー&トイレ・アイロン等部屋からなる構成。今のところ3人住んでいて,1人は間もなくモナコへ移るところ。こちらは研修生が短期で来ることが多く,ここに住むことが多い。

ma chambre

台所は冷蔵庫・瞬間湯沸かしポット・一つ口電熱プラック(鉄板)があり,簡単な自炊なら出来る。たいてい,米を茹でて,肉をさっと焼いて食べている。

不便なのは洗濯機がないこと。コインランドリーはNeuvilleかLyonまでバスで行かなければならず,面倒過ぎるのと経費節約のためたらいで足踏み洗い。少々脱水が甘くても乾燥しているから問題なし。洗濯板が欲しい今日この頃。

lavage

寮があるのはLyon近郊のFontaines Saint-Martinという村,ちょっと小高い丘の上に建っているから,徒歩だと村まで少しだけかかる。この小高い丘がとてもいいところで,牛がいたり,季節折々の花が咲いたり,鶏が放し飼いになっていたりする。小高いから夜は星がよく見える(大きな流星群が滞在中に無いのが残念)。それでいて,Lyonまではバスを1回乗り換えて1時間もかからずに行けて便利。Château Escoffierの学生にはおなじみのTCL 70/40を引き続き利用中。

vache

仕事には同僚の車に同乗,15分くらいのMionnayという村まで。


…という特に面白くも何ともない現状紹介でした。

このアーカイブについて

このページには、mai 2010に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはavril 2010です。

次のアーカイブはjuin 2010です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ