2010-05-02

| コメント(0) |

ail nouveau(新ニンニク),grenouilleの料理でピューレにしたものを使っている。全力で春!ってかんじでとても美味しい。朝はまずこいつの仕込み。それからagneau(子羊)のgarniture(つけあわせ),tempuraを揚げる。

tempura

植物の博物画みたいに並べてみた。

昼のまかないはpoulet rôti(ローストチキン)とpomme rissolée(こんがり焼いたじゃがいも)。ブレス鶏とその脂でこんがりしたイモが旨いこと。胸肉がまず売れていく。フランスではもも肉よりも胸肉の方が高級に扱われていて,スーパーとかでも胸肉の方が高い(ももは骨つきな分グラム単価が安くなってるのもあるだろうけど)。

イタリア人の同僚君がモナコのレストランに移るので,昼が最後の仕事。昼休憩時間に寮を旅立っていった。何かとくだらない下ネタを言い合ったりしていたし,寮もこれで2人だけになり寂しい。引き継ぐ人はしばらく入らないらしい。

その影響で夜はviande(肉)のお仕事。pigeon(鳩)のgarnitureにblette(日本名をフダンソウという野菜)を使っているが,学校にいた頃はまったく美味しいと思わなかったblette,ここでは凄く美味しい。他の同級生とも話したことで,そういう食材・料理がけっこうある。学校の人も見てるかもしれないから,堂々と書くのもアレだが…

コメントする

このブログ記事について

このページは、ohsamuがmai 4, 2010 8:54 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010-05-01」です。

次のブログ記事は「2010-05-03」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ