2010-06-01 pimment vert

| コメント(0) | トラックバック(0) |

もらっていた残り物のウサギの肝臓と腎臓。

foie et rognon de lapin

甘露煮に。

foie et rognon de lapin

近所のスーパーで,モロッコ産pimment vert(青唐辛子)を見かけて,フランスにそんな辛いものがあるはずがない!と考えて購入。同じようなものは日本でも食べたことがあり,あまりの辛さに大変な目に遭っていたのにだ。

さてちょっとかじってみると相当な辛さ。触った手でちょっと唇に触っただけでもヒリヒリ…しかし捨てるわけにもいかない,加熱すればちょっと辛味も落ちるはず。炒めているときの蒸気だけでもむせてしまうほどのパワー。

pimment vert

なんとか完食。

crêpe

クレープを焼いて冷凍する,甘味のある安い生活を編み出した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hohbukuro.jp/mt/mt-tb.cgi/97

コメントする

このブログ記事について

このページは、ohsamuがjuin 17, 2010 8:43 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010-05-25 Parc de la Tête d'Or」です。

次のブログ記事は「2010-06-02 sushi」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ