2010-06-26 mottainai

| コメント(0) | トラックバック(0) |

「もったいない」癖があり,いろんなものを食べようとしてしまう。たとえば先日,まかないの片付けをするときに,鶏肉のスネの部分が1つだけ残っていた。とっておくには肉が余りついていないし,捨てるにももったいない…食べてしまえ!と食べていたら「Osamu!?, poulet après dessert??? (デザートを食べた後に鶏か?)」と呆れられた。

encornet(ヤリイカ,コウイカはseiche)をさばいて,ミミの胴との継ぎ目の部分,少し固いところをそぎ切る。ここはお客さんには出さない。「もったいない」者には捨てられない。オリーブ油でさっと炒めて試食してもらうと,「食感が面白い」と意外なほど好評で,「もったいない」精神も呆れられるばかりでなく役立つこともあるのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hohbukuro.jp/mt/mt-tb.cgi/122

コメントする

このブログ記事について

このページは、ohsamuがjuillet 1, 2010 9:47 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010-06-25 été」です。

次のブログ記事は「2010-06-27 couteau de filet de sole」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ